監視カメラシステム、監視カメラ、入退室管理システムのケーティーワークショップ

HOME » 導入事例 » 監視カメラシステム » 放送局の監視カメラシステム

放送局の監視カメラシステム

ボストンのGreater Media 社は、Milestone システムによるIP ビデオで24時間セキュリティを実現しています。

greatmedia01.jpg「すべてを家にいながらウェブ上で確認できるのが、気に入っている点の1つです。Milestoneはウェブ系由でカメラの録画映像、ライブ画像を確認することができ、表示の仕方も設定できます。それは完璧で、すばらしい機能です。」

- マサチューセッツ州ボストン Greater Media社
 技術運用部長Paul Shulins

状況

Greater Media社は新しいビルに移転した時に、精巧な無線機器を盗難から守るためのセキュリティを改善すべく、旧式のアナログビデオテープによるセキュリティを、ネットワークを使ったシステムにアップグレードしたいと考えていました。夜勤の従業員の安全を保障しつつ、警備にかかる経費を削減したいとも考えていました。離れた場所の送信所の監視も必要です。

ソリューション

Milestone Systems XProtectソフトウエアは、Axis2100ネットワークカメラ、Axis2400ビデオサーバーにより変換を行った旧式アナログ機種、Prudential タワーに取り付けられたPanasonicネットワークカメラで構成されるシステムで運用しています。Greater Media社はビル内のネットワークを接続するCISCOルーター、スイッチ、多数のハブを使用しています。CISCO製のファイヤーウォールとVPN も使用しています。

長所

Greater Media社には現在、24時間のセキュリティ監視、ウェブによる遠隔アクセスにより、いつでもどこからでもすべての場所をチェック可能な集中監視を行っています。ネットワークを利用することにより、経済的で、柔軟性があり、将来新しいカメラを追加することも容易で、ソフトウエアによりシステムの使用帯域幅が設定できます。

Greater Media社では・・・

「Greater Media社には1988年に入社しました。ここは良い会社で、すばらしい技術サポートスタッフがおり、管理者は私たちの努力に対してとても協力的で、技術的に最高水準にあることに応えられるよう手段を講じます。私たちが誇りに思えることは多々あります。」Greater Media社の技術運用部長Paul Shulinsは言います。Greater Media社が改修したビルを移転した時、Milestone Systemsソフトウエアを使用した新規ネットワーク型セキュリティシステムを導入しました。

連結とネットワーク技術

1980 年代中頃にFCC 規則が変更されたのに伴い、1つの市場に複数の放送局を保有できるようになりました。Greater Media社は、これを大規模に利用した、米国で最初の会社でした。以前はWMJX FMとWMEX AMの2局しかありませんでした。現在、ボストン区域で5 つのFM局を持っています:92.9 WBOS、96.9 「Imus in the Morning」ショーのトークラジオ、99.5カントリー、105.7WROR クラシックヒット、106.7WMJX「Continuous Soft RockMAGIC」です。Greater Media社はフィラデルフィア州、デトロイト州、ニュージャージー州でも放送局を持っています。

Paul Shulinsは次のように説明します。「ボストンの5つの局を買収したとき、それらは3カ所に点在していました。ビルを移転したとき、すべてを カ所に統合し、現在ではスケールメリットを出せる規模になりました」「IT技術の利用により、これらを統合することができるようになりました。すべてのネットワークシステムの基盤を構築しました。業務用再生システムも新しい技術に変更しました。誰もが使っていたカートリッジテープを使わずに、すべてのオーディオをコンピューターで扱うことができるよう、コンピューターとハードディスクに変更しました。当社は、オーディオ再生に専用コンピューターを使用し、広範囲にシステムを採用した、最初の大規模業界局でした。しかし、結果的には事業に重要なシステムを、セキュリティが重要であるネットワーク上に接続することになってしまいました。このようなことは経験したことはありませんでした。」

資産と人員の保護

セキュリティに関する限り、この会社はビル内の何百万ドルもする高価な機器が使われており、セキュリティが必要でした。活発な営業マンと夜勤のDJ など60名ほどを含む、200名の従業員がここで働いています。「最初ここに移動したとき、夕方受付係が退席し、朝戻ってくるまでと、週末には、受付に警備員がいて、 日約 5時間分これに支払いをしていました。4年前に新しい部長が来たとき、経費節約を検討してく中で、警備員はほとんど時間寝ているかテレビを見ていて、何もしていないことが分かりました。そこで、この年間約1万-1万5千ドルの費用を削減することに決めました。しかし、多くの従業員は心配しました。夜間、ライブDJ担当者数名しか働いておらず、そこは大きなビルでした。中には女性もいて、夜中に一人でいることに不安を感じていました。」Shulins は言います。

デジタルネットワークビデオの追加

Greater Media 社は局からイベントをケーブルで送ることができる、独自のケーブルテレビシステムを持っていました。各スタジオにはテレビがあり、職場やカフェテリアなど、ビルにテレビが置かれていました。

「このテレビで、CCTVカメラからの映像を見ることができましたが、セキュリティ要件に十分応えることはできませんでした。 年目には窃盗事件がありました。コマ撮りビデオテープレコーダーがありましたが、信頼性は低く、期待するほどの解像度もありませんでした。常にテープを交換する必要もあり、よいシステムではありませんでした。」

Shulinsは結論します。「ネットワーク基盤があり、場所が離れていたため、あちこちにビデオテープ式システムを置くのは非常に煩わしく、とんでもない話しでした。そこでPC ベースのシステムを探すことにしました。」

PaulはRhode IslandのAxisパートナーである、Shanix, Inc. のTorben Bernfeld に連絡を取り、2001年にGreaterMedia社はネットワークビデオ機器とMilestone ソフトウエアを購入しました。

「彼は親切な男で、IPビデオの技術について、いろいろと教えてくれました。」Shulinsは断言します。「Milestone は当然の選択で、動きだけを録画できる能力が購入の大きな動機でした。ハーディスク容量を無駄にしたくありませんでした。このビル内は夜間人がいないところが多く、この機能がなければ、何もないところばかりを録画していたことでしょう。そしてXProtect はWindows 上で起動することが非常に魅力的でした。これこそ私たちの問題を解決してくれるシステムだと確信しました。」

「ソフトウエアを設置するとき、ライセンスキーシステムの機能に非常に感心しました。日夜問わず、いつでもライセンスを追加することができ、メールでライセンスコードを受け取ることができるというのは、Milestone は非常に先進的だったと思います。国際的ビジネス環境の中では非常に巧妙な処理です。」

Greater Media 社は旧式のアナログ出力をデジタルシステムに変換する、Axis 2400 サーバーと、4台のAxis 2100 ネットワークカメラから始めました。

「このシステムは非常に満足のいくものであり、 1年後には16台のカメラを追加しました。現在当社ビル、総面積20万平方フィート、2カ所の送信所をくまなくカバーしています。

集中管理と遠隔アクセス

ラジオ業界では、送信機がいつもスタジオにあるわけではありません。Greater Media 社は、ボストンのダウンタウンのPrudentialタワー(事務所ビルから2,3キロ先)にある4局と、マサチューセッツ州Andover タワー(35キロ先)にあるもう1つの局に送信所を持っています。 Greater Media社はAndoverタワーで、アンテナを設置したいと考えている携帯電話や双方向無線プロバイダーに、テナント用スペースを貸しています。Greater Media社はここでビル内の機器を維持し、これらをすべてIPビデオセキュリティシステムでモニターしています。

「私たちは、AndoverおよびPrudentialと、このビルとの間をマイクロ波でリンクしています。このリンクには私たちの業務用ネットワークWAN にも使われています。」Shulins は説明します。Axis カメラはこのネットワークに接続されています。

そこで何が起きているかを監視し記録するために、Andover とPrudential ビルに設置されたカメラからMilestoneソフトウェアで起動する中央サーバーに信号が送信されます。XProtect はモーション検知したときに警告メールが送られます。これはすばらしい考えです。」

Prudential タワーの頂上にあるカメラは、ボストンのダウンタウンで起きている画像を捕らえます。遠隔アクセスで、この画像をいつでも、事務所でも家にいても見ることができます。

「押しボタンのタッチトーンでこのカメラを遠隔操作できるよう、自分でプログラムを書きました。ボタンを押してカメラを動かし、フォーカスやズーム機能で街中すべてを見ることができます。ダウンタウンの交通量や、すべての出来事、Logan 国際空港を離陸する飛行機などを確認できます。カメラはPanasonic 製のリモコンレンズが付いた市販の小型ビデオカメラで、高価なものではありません。アマチュア無線用アンテナ回転昇降装置を購入し、動かすことができます。ここにはいろいろとすてきな特注品があります。」ポールはにっこり笑って言います。

ネットワーク拡張性

「セキュリティシステムがネットワーク上で動作するのは、非常に便利です。特に社外に設置する場合、ネットワークはすでに構築されていたので、カメラをもう1つ接続することができました。とても素晴らしいです。別途ケーブルを設置しなくても、いつでもカメラを追加できます。」Shulins は言います。

ネットワークの帯域幅も会社として考慮しなければなりません。

「ネットワーク上で多量の帯域幅を使用しないという柔軟性は、会社の事業にとって重要なことです。Xprotect 側で設定を調節することで、例えば使用される帯域幅を少なくするには、画像解像度を落とすことで実現できます。またハードディスクドライブに映像ファイルを保存できる期間は、更新周期の設定を行います。」Shulins は明言します。

ハードウエアを自由に混合

「200名の従業員を映像管理するための仕事がたくさんあります」Shulins は言及します。

カメラは2カ所の遠隔地、大型メインビルのすべての出入口、受付、ガレージ、駐車場、保管室、大型コンピューター室に設置されています。

Greater Media 社では大半がAxis 2100 カメラですが、1998 年にビルを改築した建設会社が提供したカメラも、いくつかあります。これらはアナログビデオによる白黒CCTV カメラです。

「4台のアナログカメラを接続し、アナログ信号をネットワーク信号に変換するAxis2400ビデオサーバーを購入しました。低解像度の画像はこの信号からの画像です。機器構成には、旧式ビデオ機器2台が含まれます」彼は報告します。

Milestone システムはオープンアーキテクチャ型ソフトウェアです。これは使用できるハードウエアモデルの選択幅が広いことを意味し、さまざまなメーカーのモデルを混合することにより、さまざまな照度あるいはその他の条件を考慮したシステムを構築できることを保証します。

事件の証明

Shulins は、システムを使い、何が起きたかを素早く確認することができた事件について話します。

「例えば誰かが何かを受付から移動したとき、それが起きた時間の録画画像を見ただけで、誰が犯人かが分かります。現在ロビーと玄関入口に3台のカメラを設置しています。」Shulins は付け加えます。「このセキュリティシステムの最大の特長は、窃盗を防止し、調査をたすけてくれることです。」

www.greatermedia.com, www.shanix.com, www.axis.com, www.milestonesys.com

PAGE TOP