監視カメラシステム、監視カメラ、入退室管理システムのケーティーワークショップ

HOME » 導入事例 » 監視カメラシステム » 印刷会社の監視カメラシステム

印刷会社の監視カメラシステム

Nomad Worldwide は、IPビデオ監視システムを使ったソリューション実現しており、革新的企業です。

「このシステムは、柔軟性と拡張性があり、進歩的でオープンな、全ネットワークビジネスソリューションの一部に統合できます。すでにテストは終了しており、われわれのために役に立つことも分かっています。このシステムは今日のシステムとしてはもちろん、未知なる未来のシステムとして設計されています。」

-Nomad Worldwide LLC の技術部長、Chandler Griffin

チャレンジ

Nomad Worldwide は、セキュリティのためだけでなく、IPビデオ監視システムを使用した、全IT システムを統合するために、最新のネットワークデジタル技術を利用したいと考えました。侵入、火災、環境廃棄物処理、内部窃盗、遠隔から製造品質管理を24 時間監視することは、将来この企業が成長していくために必要でした。

ソリューション

Milestone Systems XProtect Business は、PoE電源型のAxis 2100 カメラを接続、すべてWindows 2000 上で起動します。ネットワーク構成にはCisco スイッチ(Catalyst 3508 Gigabit を5 台とCatalyst 3548 を3 台)とCisco ルーター(1700 と2600 を1 台ずつ)を使用しています。

長所

Nomad は、設備管理において集中管理と遠隔管理ができる監視システムを、いつでも必要なカメラを簡単に追加できるという、柔軟性と拡張性をもつ、多目的で強固なシステムを作り上げました。

Nomad Worldwideでは・・・

ニューヨーク市からハドソン川を渡ったすぐのところに、真に革新的な印刷会社Nomad Worldwide の本社があります。この会社は、広告界の創造的要求を、デジタル技術と統合して、壁全体、広告掲示板、工事現場のバリケード、交通機関広告、店内ディスプレイなどを通して、インパクトと重みと存在感のある、高解像度の大型広告を製造しています。顧客には、The Gap、Old Navy、H&M、Banana Republic、The Loft, Deageo、Apple Computer などがあります。このような国際的な顧客のおかげで、Nomadの未来は、カラフルな作品と同様、光輝いています。

唯一の最先端技術

ニュージャージー市にあるNomad 社は、様々な材料上に、専用印刷機で印刷されたウォールスケープ型広告を取り扱う、広大なホールが印象的です。洗練されたグラフィック部門のコンピューターは、専門企業に値します。

Nomad のITサーバー室は、完璧に組織されており、Chandler Griffin がエネルギッシュに運用しています。Griffinは言います。「ここには23 台以上のサーバーと、ネットワークが詰まったラックがあります。かなりのデータ通信量が発生しています。自分のメール、ウェブサイト、公共クライアントインタラクション用のSQL データベースも立ち上げる予定です。」

Nomad は会社の業績を左右しかねない、また市場におけるリーダーシップを維持するために、高品質の最新技術を備えています。この方式をセキュリティシステムにも広げています。NomadはAxis ネットワークビデオカメラで起動するMilestone XProtect Business を選択しました。

多目的監視システム

Nomad は最初16 台のカメラのライセンスを購入しましたが、その後すぐ25 台に増やしました。これらはセキュリティシステム専用Dell サーバーと専用ウェブにより、Windows 2000 上で起動しています。Axis 2100 型カメラが、出荷と納品場、入口と出口、受付、工場の全製造エリア内、グラフィックスタジオ、お客様サービス窓口などに設置されており、現在のシステムを完結しています。

侵入、窃盗、器物破損などに対する、従来のセキュリティ対策用外部監視に加え、Nomad は、印刷管理者が、印刷工程を見守れるよう、製造品質管理用としてIP カメラシステムを使用しています。

「ある夜Apple Computer 向け製作期間中、1 台のプリンタの前に夜通し立っていることになっていましたが、数時間後、私はプリンタが動くのを見ていることに、すっかり飽きてしまいました」Griffinは思い起こします。

「そこで階段を上り、Axis 2100 カメラを1 台持って、プリンタの前の三脚を使いカメラを設置し、XProtectの遠隔管理ソフトウエアで、自分の事務所から工程を見守りながら、他の仕事をしていました。

Nomad の生産は停止できません。わずか1 時間の停止でも、膨大な経済的損失を意味します。このためプリンタの工程を監視することは、非常に重要なのです。遠隔アクセスにより、Griffinと他の管理者はいつでもどこからでも、すぐにリアルタイムに録画映像を確認することができます。

ベストソリューションを選択

2002 年の夏、Griffinは市場で最高のIP ビデオ監視システムを見つける調査を開始しました。 「探していたのは、中核となる技術でした。画像をしっかり捕らえることはできるか?システムの機能はなにか?他のいろいろなカメラとの整合性はあるか?それはうちのサーバーで使えるか?」Griffinは彼らの基準について列挙します。

当社はデジタル監視システムのソフトウエアを必要としており、それはどこかにあると思っていました。アナログの設備は山のようにありましたが、事実上16 台以上のカメラを取り扱うデジタルシステムはありませんでした。DOSベースや、CCTV の販業業者が提供するネットワークを使ったアナログ設備のような、擬似デジタルシステムには関心がありませんでした。当社の全ネットワークシステムの基盤としての、正当なデジタルソフトウエアを必要としていました。XProtectの中核機能を入手した今、私たちがやるべき事は、その機能を使いこなすことです。」Griffin はMilestone ウェブサイトからMumford Associates を見つけ、この地元パートナーからソフトウエアとハードウエアを購入しました。「Phillip MumfordはPoE 型電源を使ったシステムを私たちに奨め、調査を行い、支援してくれました」Griffinは述べます。「そこで私たちは、彼に注文書を送付しました。」

計画の重要性

「私たちは多くのテストを実施し、計画をたてました。これが難しいことでした。」Griffinは助言します。「統合は簡単なことです。正直なところ、ソフトウエアの設定も簡単です。一番大変なのは、どのようにカメラとLAN を通信させるか、遠隔設置する場合、カメラにどのように電力を供給するかなどの計画を立てることです。どのようなサーバーにするのか、我々のニーズに合うハードドライブの容量はどれくらいか、容量が無くなったときはテープを使うのか、などです。」Griffinは続けて言います。「すべてのカメラデータを1つのサーバーで管理するために、ギガビットネットワークを採用しました。私たちは必要な全16 - 64 台のカメラを、すでに配線済みの箱を付けて、全ビル内に7.6m 毎に設置する計画をもっています。このハードウエアはソフトウエア同様すでに投資済みです。」

安定性を確認後、素早い導入を実現しました

ソフトウエアを導入するのにどれくらいかかったかを聞くと、Griffinは言いました。「30分程度です!ソフトウエアがインストールされ、あとは私たちがカメラを取り付けるだけです。問題はありません。」

Griffin の管理室には、全工場のIT 管理を制御するモニターが3 台あり、まるでミニ制御室のようです。将来サーバー室を拡張するときには、Nomad の全ビデオ監視モニターは壁に設置する予定です。

私たちはソフトウエアのすべての機能をテストし、検証期間後、正常に動作していることに非常に満足しています。私たちは、ソフトウエアが安定していないシステムは、工場に導入しません。23台のサーバーがありますが、これらを停止させたり、電源リセットのために再起動させたりしたくありません。サーバーを停止させるのは、これをメンテナンスの時だけです。」

当局からの厳格な要件

防火管理と保健省は、印刷工程では可燃性あるいはその他の危険な材料が使用されているため、Nomadの工場に厳格な要件を科しています。Griffinは、裏の出口をモニターするAxis カメラが、化学廃棄物質を捨てる特殊なドラム缶を、どのように監視しているかを説明します。この監視システムは、従業員が、環境有害物の処理手順をいかに遵 守しているかを追跡することができ、最終的には品質管理の改善が行われています。

当社には、化学廃棄物管理に関して、従業員が、ルールを正しく守らないという問題がありました。 監視システムは、今まで問題処理がどのように正しく行われなかったかを、私たちに教えてくれ、問題解決を支援してくれました」Griffinは言います。「あの場所に設置されたカメラは、夜間裏口からの侵入者を探知するモニター機能と、日中、多量の化学物質の廃棄状況を録画するための2 つの目的で使用されています。」

Nomad では、内部監視により、社内の機器を使用するのはその権利のある従業員だけであり、社外に持ち出されていないことを確認することができます。

「誰かが家からプロセッサを持ち込み、当社の作業中の機器に差し込み、これをアップグレードしたという問題が起こりました。この行為により当社システムのパフォーマンスに悪影響がでました」彼は思い出します。「しかしこの時以降、カメラは抑止手段としても働き始めました。」

Axis カメラとPoE 型電源により柔軟性が確保されました

「Axisカメラ用PoE 型電源が採用しました。このネットワークではデータと電力の両方が、同じネットワークケーブルで送信されます。これによりケーブル敷設に掛かるとコストを削減することができました。またカメラ用の120V の電力を引く必要もありません。したがっていつでも必要なとき、自分で梯子に登り、ネットワークケーブルを引き、もう一つのカメラを取り付けることができます。非常に柔軟性がある作業行えます。」Griffinは言います。

「このビルにはすでにかなりのネットワークケーブルが引かれているので、どこでもカメラを取り付けて、すぐに作動させることができます。」彼ははっきり言います。「これは完璧です!ビデオ会議や、他に使いたいと思ったことにも非常に役立ちます。」

Griffin は次のように断言します。「PoE型ネットワークは完璧に動作します。これはセキュリティソリューションのためだけでなく、さらに広範囲に監視するために、屋根の上に取り付けている、ワイヤレスアクセスポイント用にも使用できます。お客様サービス窓口担当者は全員ノートパソコンを持ち歩いているので、品質管理を行う間、クライアントと電話や電子メールを交わしながら、工場内を見回ることができます。各担当者は、クライアントから1 日およそ400 通のメールを受信しており、可能な限りの効率が求められます。」

ファイルストレージとリカバリー用テープ

Nomad のバックアップ処理については、Griffin がハードドライブで可能な限り保存する方法を説明します。このシステムは、外部専門家から要求された場合、すぐにAVI に変換できるJPEG ファイルとして、データベースに録画画像を毎晩保存し、事件が起きて証拠が必要なときは、簡単に検索することができます。

「ここには、火災などの災害によりサーバーにインストールされているOS の損失があった場合でも、全設備に関する監視システムを全てリカバリーできるよう、テープシステムをバックアップ用として使用しています。このテープシステムには、7.6テラバイトの情報が保存可能です。ここは、非常に強固な最新技術が使われているバックアップメモリーです。」Griffinは言います。それぞれ、最大250MB を保存できるテープ30 本が使われています。

他のシステムとの完全統合

「当社では、モーション感知機能、VPNの利用、例えば夜8 時から朝8 時までのスケジュール録画、他のカメラでは24 時間録画など、Xprotect Business ソフトウエアのすべての機能を徹底的に利用しています」Griffinは言います。

「侵入に対する対策としてさらに、アラームシステムと連動し、ビル中のすべてのカメラが常時録画が開始され、ビル内の照明を点灯します。」Griffinは言います。「ここには赤外線カメラも何台かあり、驚くべきことに、赤外線もPoE で電源供給しています。PoE電源でLED が点灯できるよう小さな回路を作り、PoEシステムに接続しています。非常にすばらしいです!Axis カメラが非常に気に入っており、今のところAxis カメラだけが使用しています。」

Nomad はすでに必要なカメラをさらに購入するための予算を立てています。「次の段階で設置するのはPTZ カメラで、現在どのメーカーのモデルが最適かを調査しているところです。連動する照明には、泥棒が見ることができない、赤外線式LED 照明をすでに採用しています。」

Nomad はさらに、全セキュリティ、品質管理、手続きに基づく録画を活用した、全ネットワークシステムと一体化できる、換気システム監視システムも設置しました。

遠隔アクセスと映像確認

「当社のすべての管理者は、自宅ソファでくつろいでいる間も、何が起きているかを把握できるよう、製造フロアをモニターできるよう、システムにログインできる権利を持っています。管理者の多くは、通勤しており、自分のプロジェクトの印刷工程をチェックするために、事務所に車で行く必要がないのは助かっています。」Griffin は説明します。「あるいは週末、コンピューター室で、煙探知機によるアラーム音が鳴ったとき、XProtect のライブ録画で、本当に火災が起きたのか、あるいは誤報によるアラームなのかを確認することができます。万が一実際火災が起きた場合、消防車がすでに出動しているはずで、私は車に飛び乗っていることでしょう。」

Nomad は24 時間制の3 交代を行っていますが、夜勤者は眠くなることもあり、ウェブによるアクセスは管理者にとって理想的なのです。 「XProtectシステムと遠隔操作機能により、社外から、当社の管理者は、夜間、侵入者があった場合、製造フロアで何が起きているかを確認することができます。警報が必要な人にはすべて、アラーム機能を使う権限を持たせています。」彼は付け加えます。

将来は、Nomad Worldwide のクライアントは、Milestone XProtect を使用してシステムにログインし、キャンペーンプロジェクト原稿のを最終承認のための印刷確認をネット上でできるようになります。例えば印刷の最終工程では、カメラをズーム拡大し、原稿のカラー品質をチェックすることができます。これで、顧客満足請け合いです!

詳しくは、www.nomadww.com、 www.mumfordassoc.com、 www.axis.com 、 www.milestonesys.com を参照してください。

PAGE TOP