監視カメラシステム、監視カメラ、入退室管理システムのケーティーワークショップ

HOME » 監視カメラソリューション » ビデオ解析を使ったマーケティングへの応用

ビデオ解析を使ったマーケティングへの応用

Agent VI社は長年に渡り、画像解析に関する技術の開発および市場への提供を行ってきました。動画映像の中から人や車両を検出する技術に優れており、世界中の様々な場所で活用されています。空港の外周フェンスの監視や重要施設の外周監視、市街地におけるセキュリティ、高速道路の監視など幅広い分野で活用されています。この技術を元にマーケティング用途のアプリケーションが開発されており、ここにご紹介いたします。

ビデオ解析により、以下の課題を解決します。

・今週/今月の来店者数は?その季節変動は?
・どの入り口が最も使われているのか?
・店内での来店客の行動パターンはどういう傾向にあるのか?
・キャンペーンの結果、その陳列を立ち寄る客は増えたか?
・時間毎のレジの待ち行列の状況は?

ルールベース解析

人数計測

Avigilon社とは?
右図例では店舗入口上部に設置。カメラ映像の赤ラインを横切った人をカウントします。入室方向、退室方向に設定を行い、ある時間からの人数をカウントし、画面左上に表示します。集計結果は時間毎、日付毎にエクセルもしくはグラフ表示されます。

 

混雑度計測

Avigilon社とは?

設定エリア内の込み具合を表示します。右図赤枠の設定エリアである時間内に何人の人が留まっていいるかを%表示します。時間を設定し、それ以上の場合、アラートを出します。

 

エリア内人数計測

Avigilon社とは?

設定エリア内に留まっている人数を解析します。

1.設定値/時間を設定し、それを超えた場合アラートを起動
2.ある期間(一日毎)の合計の統計をとり、表示します。

 

パノラマカメラの活用

鉄道操車場の事例

人数計測においてのみパノラマカメラを活用することができます。Bisiness Intelligenceの他の用途には使用できません。
カメラ画角は天井に対し85°〜90°の角度で設置する必要があります。
左図の例では右上の入口にライン(赤色)が引かれ、外から入ってきた人の人数が計測され、左上に表示されます。

 

店舗事例:サーチベースによる解析

コア技術:HDSM

ある店舗に6台のカメラが各陳列毎に設置されています。

Avigilon社とは?

左上平面図には設置されたカメラの設置場所がプロットされます。左図はそのカメラからの映像です。

ビューオプション

コア技術:HDSM

各カメラからの映像は3種類のビューオプション(統計表示、ターゲットパス表示、ヒートマップ表示)を活用できます。

 

サイトマップ表示

コア技術:HDSM

この店舗事例では、6台のカメラが各陳列毎に設置されています。各カメラからの映像は解析処理され、左図のように動線(ターゲットパス)として表示されます。

コア技術:HDSM

また左図のように、滞留時間の長い?短い(ヒートマップ)表示されます。陳列ごとの滞留時間の違いが確認できます。また時系列に比較することもできます。

キャンペーン前後の人数比較

コア技術:HDSM

陳列での滞在時間がセールスキャンペーンの前後でどう増減したかを視覚的に確認することができます。平面図の左下の赤枠内では色が薄いブルーから黄色に変化しています。すなわち来店客のその陳列での滞在時間増加していることがわかります。

グラフ表示例(6台のカメラを店舗に設置)

コア技術:HDSM

6台のカメラの映像を元に、解析結果として合計人数が10分毎に表示されています。

コア技術:HDSM

1台のカメラの映像を元に、解析結果として合計人数/カメラが10分毎に表示されています。時間による変動が確認できます。

コア技術:HDSM

左図では6台のカメラ毎に人数の合計がグラフ表示されています。

店舗セキュリティについて

コア技術:HDSM

店舗内セキュリティの事例です。エスカレーター脇に置き去りにされたものを検出し、アラート情報を管理者に通報します。Agent VI社製別アプリが必要です。


コア技術:HDSM

時間外立入禁止エリアでの人を検知している事例です。アラート情報を管理者に通報します。Agent VI社製別アプリが必要です。

システム構成

オプティマイズ接続

特徴
1.解析機能の一部をカメラにインストールすることで解析負荷をカメラとサーバーに分散。
2.Vi-Agent(解析プログラム)をインストールできるカメラに限られる。
3.システムの負荷が少なく、システムの拡張性に優れる。カメラ200台/サーバーが可能

フレキシブル接続

特徴
1.既存の監視システム(Agent Viに対応)と接続されているカメラをそのまま活用。
2.映像を全て解析サーバーに取り込むため解析サーバーの負荷が大きい。
3.サーバー当たりの処理できるカメラ台数が限られる。カメラ20台/サーバーが目安。

PAGE TOP