監視カメラシステム、監視カメラ、入退室管理システムのケーティーワークショップ

HOME » 監視カメラシステム » クラウド型 ビデオ監視システム EAGLE EYE NETWORKS

クラウド型 ビデオ監視システム EAGLE EYE NETWORKS

ソフトウェア不要、レコーダー不要、インストール不要、
ライセンスキー不要、OSメンテナンス不要。

特徴

1.カメラとクラウド間にブリッジ(永久保証)と呼ばれる管理デバイスを設置し、安全に、かつ確実に映像をクラウドサーバーに送るために必要な処理と管理を行います。暗号化処理を行い、アップロードに必要な帯域を管理します。映像も一時バッファ保存されます。ブリッジを設置することにより1台のカメラ管理から数万台のカメラ管理が可能となります。

2.例えば多店舗展開しているフランチャイズチェーンでのカメラ監視システムに最適です。各店舗にレコーダーや管理者を置く必要もなく、本社では各店舗に関する必要な映像データを集中的に監視することができます。監視システムのメンテナンスに気を煩わせることなく、監視システムをどう活用するかということに集中できます。

3.録画された映像を確認するための専用アプリを必要としません。WEBブラウザやモバイルアプリから簡単に映像を確認するすることができます。シチュエーションに関係なくいつでも、どこからでも管理が可能です。

クラウド型ビデオ監視システム 概念図

PAGE TOP

『ブリッジ』の役割について

ブリッジ

・オンサイト環境に設置導入
・カメラからの映像データを暗号化処理し、いったん内部に保存
・帯域幅、ユーザ定義、スケジュールなど様々な設定に基づきクラウドにデータ送信。
・多くのモデルはネットワークカメラを接続するネットワークスイッチ(HUB)を兼ねる。

イーグルアイのブリッジは、このシステム専用の電子機器=アプライアンスで、
レンタル費用は初期のシステム導入費用に含まれます。

PAGE TOP

オプションとしてビデオ解析機能を活用することが可能です

オブジェクトカウント

方向と位置を設定したラインを設定し、ラインを超えた対象(人、車)の数をカウントし、
統計データとして出力します。

侵入検知

映像内にエリアを設定し、対象が設定されたエリアに侵入した際に動作を検知し、
アラートを生成し通知します。

ラインクロス

対象が設定したラインを超える際に動作を検知し、アラートを生成し通知します。
方向も指定することができます。

ロイタリング

移動するオブジェクトが特定の時間内に、予め設定した領域にどれくらい留まっているかを
アラートを生成します。

PAGE TOP

マップ表示機能

地図上にカメラを配置し管理することが可能です。そのカメラアイコンをクリックすると、映像がポップアップ表示されます。

PAGE TOP

柔軟なカメラの互換性

イーグルアイのクラウドVMSは、アナログカメラからデジタルなネットワークカメラへの移行、
またはアナログとデジタルの両方の技術が統合できるように設計されています。

柔軟なカメラの互換性

・1,500台以上の
  カメラ(50社以上)をサポート
  (リスト確認はこちら。
・週次でカメラサポートリストを更新
・HD-TVIカメラにも対応
・安価な自社製品もあります

PAGE TOP

高可用性データセンター(高いセキュリティと信頼性)

日本国内では2か所のデータセンターを利用しています。
そのためネットワーク遅延は最小限に抑えられます。

高可用性データセンター

施設内の機器はすべて独立しており、二重電源、通風換気、空調(HVAC)が設定されています。
耐障害性を考慮した蓄電装置、配電設備の停電対策は、99.995%の可用性を実現できるものと
なっています。

PAGE TOP

定期料金プラン

・定期的な料金は、接続されたカメラ1台ごとに
  発生します。
・期間は原則的に年間費用、カメラを追加する
  時は月間費用としてご請求。
・料金は、カメラの解像度と録画保存期間の
  組み合わせに応じて異なります。

※カメラ本体、ネットワークスイッチは別途初期費用として必要です。

PAGE TOP

導入事例

Domino Pizza

セールスサイクル

・パイロットで1店舗に設置し30日間の保存期間
・次に10店舗導入し、さらに全22店舗の導入

これまでの問題

・急速な事業拡大のため、以前のソリューションが使用できない
・1つの画面で複数台の店舗を管理できない

Eagle Eye 導入後

・1つのアカウントですべての場所を一元管理できる
・すべての店舗のレジ、キッチン、その他を一度にカスタムし表示できるタグ付け機能
・ビデオ解析機能によるオペレーションの大幅な改善


KFC(ケンタッキー・フライド・チキン)

セールスサイクル

・パイロットで2店舗に設置し30日間の保存期間
・次に3店舗導入し、さらに全10店舗へ導入

これまでの問題

・オーナーがビデオを確認したい際に各店舗に直接行く必要があった
・インシデントが起こった際にその映像にアクセス・探すことが非常に困難

Eagle Eye 導入後

・リモートで複数の店舗を一元管理できる
・モバイルデバイスから簡単に必要なビデオクリップのみを引き出すことができる
・PoSレジとの統合による盗難防止などの管理が可能


PAGE TOP

イーグルアイネットワークス社とは

イーグルアイネットワークス社

・セキュリティやネットワークの製品で知られる
  バラクーダネットワークスの創業者・元CEOの
  ディーン・ドレイコにより、2012年に設立されました。

・本社は米国テキサス州オースティンオフィス
 東京、アムステルダム、サンノゼを拠点に営業活動を行っています。

・クラウド映像監視におけるワールドワイドでのNo.1プロバイダ

・世界48か国のユーザーにサービスを提供しています。

・製品はすべて、RESTful APIプラットフォームと、
 Big Data Video Framework ™に卓越した
 自社技術スタッフによって開発されています。

PAGE TOP

KTワークショップでは、お客様のニーズに応じて最適なソフトウェア・オプション・監視カメラの組み合わせを選定し、ご提案いたします。ぜひお問合わせください。

ひとまず詳しい資料を見たい方は・・・
資料請求
とにかく一度、実物を見たい方は・・・
製品デモ依頼
費用など具体的に知りたい方は・・・
お問い合わせ