監視カメラシステム、監視カメラ、入退室管理システムのケーティーワークショップ

HOME » 監視カメラシステム » 高解像度カメラシステムが活躍している分野

高解像度カメラシステムが活躍している分野

高解像度カメラを使うことにより、少ない台数のカメラで広範囲エリアを監視することが可能となり、導入コスト、運用コストを低く抑えながら重要な映像データを撮り逃すことなく残せます。PTZ、光学ズームでは死角、撮り漏れが発生します。
高解像度カメラシステムはスタジアム、大規模公共施設、病院、複合オフィスビル、警察・刑務所、学園キャンパスなど、さまざまな場所で活躍しています。

画素数によるカーバーレンジの比較

大型駐車場監視:カメラ設置について

1メートル先の対象物を130画素と想定した場合のカバーできる範囲を比較すると、2900万画素カメラはかなり広範囲のエリアをカバーできることがわかります。

駐車場の事例(VGAの場合)

駐車場監視:夜間


・Aモデルカメラ111台
・Bモデルカメラ13台
・サーバー5台
・ケーブル124本
・取付時間:620時間
(画素密度: 33画素/メートル)

駐車場の事例(Avigilon HDシステムの場合)

駐車場監視:夜間


・1600万画素カメラ6台
・1100 万画素カメラ6台
・300万画素カメラ8台
・サーバー2台
・ケーブル20本
・取付時間:90時間
(画素密度: 130画素/メートル )

HDSM技術とは?

駐車場監視:夜間


高画質の映像をサーバーからクライアントに配信する場合、ネットワークとクライアントに大きな負担をかけます。Avigilon社はこの課題を解決する優れた技術(HDSM)を開発しました。

すなわちクライント側でカメラ映像をデジタルズームした時、サーバーは必要なその部分の映像のみをクライアントに高画素で配信します。そのためネットワークおよびクライントの負荷を増大させるとこなく、軽快な操作が可能となります。

Avugilon社とは

2004年設立以来、Avigilon社は超高画質カメラを監視システムに活用するために必要なカメラ等のハード、運用に必要なソフトの開発・製造を一貫して行っています。サポート体制も充実しており、24時間/365日のサポートを実現しています。社員数420名、2013年の売上は196億円です。2011年トロント証券取引所に上場しました。

カメララインアップ

超高解像度カメラシリーズ

駐車場監視:夜間

(HD Proシリーズ)
800,1100,1600,2900万画素カメラ

メガピクセルカメラシリーズ

駐車場監視:夜間

100〜800万画素カメラ

管理ソフト(Avigilon Control Center)

Avigilon社が独自開発した管理ソフト(ACC)は、高解像度カメラを前提として開発されており、様々な特徴を備えています。

Avigilon 他社
購入時の作業 IISやSQLのインストールは必要ない 様々なコンポーネントのインストールが必要
ライセンス 3バージョンのみで、ベースライセンスは必要ない ・多くのバージョン
・ベースライセンスが必要
・複雑な機能が追加されており、わかりづらい
高解像の設計 ・高解像度カメラ前提の設計
・反応が早い
・高解像度専用の設計ではない
データベース 独自開発データベース SQLデータベースを使用
クライアント表示 独自開発のHDSM技術によりクライアント側PCの負荷を低減している。そのため低スペックのクライアントPCでも多くのカメラ映像を表示することが可能 ・映像をフルに送っているため、高解像度の映像を表示させるのは、難しい
・クライアント側PCにどういった解像度の映像を送るかを事前に設定する必要あり
映像検索 IISやSQLのインストールは必要ない 様々なコンポーネントのインストールが必要
ソフトの更新費用 不要 必要
サポート 無料 有料

管理ソフトウェアラインアップ

システム Core
(コア)
Standard
(スタンダード)
Enterprise
(エンタープライズ)
サーバー当りの
接続可能カメラ台数
24 48 128
サイト当たりの
同時接続サーバー台数
1 1 100
サーバー当りの
接続可能クライアント数
2 5 無制限
ストリーム制御技術
(HSDM)
あり あり あり
PAGE TOP

KTワークショップでは、お客様のニーズに応じて最適なソフトウェア・オプション・監視カメラの組み合わせを選定し、ご提案いたします。ぜひお問合わせください。

ひとまず詳しい資料を見たい方は・・・
資料請求
とにかく一度、実物を見たい方は・・・
製品デモ依頼
費用など具体的に知りたい方は・・・
お問い合わせ